フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

JJY

2011年5月 6日 (金)

電波時計に関するローカルニュース

ニュースを見ていたら、電波時計(福島標準電波送信所)に関するニュースをやっていました。今日放送していたのは、ローカル放送でしたが、リンクの全国放送とほぼ同じです。

NHKニュース-電波時計 原発事故影響受ける

4月21日から一時的に標準電波が復活した時は、警戒区域として立入禁止区域になる前日で、リモコンを設置したそうですが、残念ながら、雷害のため4日後に停波してしまったそうです。

今日のニュースでは、電波時計がなくて困っているところとして、震度計、駅の時計などが紹介されていました。いろんなところで使われているものです。

=====
(5/14追記)
今朝、電波時計を見たらロックしていました。
昨日(5/13)から回復したようですね。停波したときにはニュースになって、回復したことがニュースとならないというのも、虚しい物がありますね。

http://jjy.nict.go.jp/Pub/JJY40/index_.html

2011年4月24日 (日)

電波時計~福島送信所(40kHz)、不安定なようで、、

4/21にやっと回復した福島送信所の40kHz標準電波ですが、今日(4/23)、また止まってしまったようですね。<追記:4/24 10時現在、電波発射>

標準電波JJY送信情報

運用再開も2日ちょっとだけだったようで残念ですね。復旧見込みも未定とか、、

ここからは、あくまでも想像です。
福島送信所付近は停電している。東北電力も立ち入り禁止区域なので入ることもできない。自家発電装置で電源を確保し、一時電波を発射を再開したが、自家発電装置の不具合か、燃料切れで停波してしまった。
もう一つ考えられるのは、昨日から今日にかけて天気が悪かったので、送信空中線に雷が落ちて、送信機の保護装置が動作してしまった。

どこでも同じようなことをやっているもので、、、怒ってもしようがない。

ただ、標準電波送信所は、発展途上とはいえ運用から12年で、多くの時計に実装されていますので、今後、危機管理上は、福島送信所、九州送信所の他に、もう2ヶ所くらい設置して、バックアップ運用ができるようにした方がよいと思います。お金もかかると思いますが、、、建築基準法もクリアしなきゃ、

また、ベランダに時計を並べて、九州送信所(60kHz)標準電波で較正することにしましょう。Hi..

===
4月24日10時現在、

電波時計のOKランプがついています。今は電波が出ているようですね。
標準電波JJY送信情報によれば、「暫定再開送信中」だそうです。

福島送信所がある、大鷹鳥谷山は福島第一原発から約17km、20km範囲内が警戒区域に設定されて、住民の立ち入りが制限されているにも係わらず、出向したとすれば、頭が下がる思いです。

===
4月24日22時現在、
夕方18時過ぎに、車に積んである電波時計が較正できないでいました。
携帯電話から標準電波JJY送信情報にアクセスしたところ、やっぱり停止しているようです。
その後、20時頃に確認したら、今度は標準電波は出ていました。やっぱり不安定なようです。

===
4月25日昼過ぎ、
今度は雷害で、福島送信所が止まってしまったようですね。
新聞やネットニュースでも取り上げられており、緊喫な対応が求められそうで、大変そうです。
それにしても、スゴイ雷でした。

2011年4月21日 (木)

電波時計~福島送信所(40kHz)が復活!

福島標準電波送信所(40KHz)が、今日(4/21) 13:54~復活したようです。

ニュースソースは→ここ

福島・おおたかどや山標準電波送信所(40kHz)は3月12日から停波していて、昨日、仙台でも九州送信所が受信できたと書いたばかりなのですが、暫定的に復活させたようです。

「今後、落雷や停電等により停波を余儀なくされる可能性もあります。」と書いていることから、無人でとりあえず、電波だけは出しておくということだと思います。
最近、いろんなところで、電波時計の乱れが取り上げられていますので、当然の対応でしょうね。Hi..

昨日の記事で、電波時計ネタは終わったと思っていたのですが、、、

■ 関連記事
 ・110420_電波時計~はがね山(九州)が受信できました。

2011年4月20日 (水)

電波時計~はがね山(九州)が受信できました。

標準電波送信所の福島送信所(40kHz)は未だ停波中ですが、はがね山 九州送信所(60kHz)を受信、時計の較正をすることができました。
110420jjy <NICT HPより>

仙台で九州送信所の電波を受信するためには、室内での受信は無理で、ベランダに出たらら、電波強度メーターが振れていたので、一番見通しの良いところにおいたら、OKマークがついていました。
110420jjy2

九州送信所から仙台市までは約1100kmです。NICT HPによれば、九州送信所の受信可能地域は、半径1000~1500kmということなので、九州送信所から1400km離れた札幌でも、電波時計によっては受信できるかもしれませんね。まあ、保証はありません。Hi..

我が家にある電波時計3台を全てをベランダ出しで較正することができました。電波時計がずれたな~っと思ったら、ベランダに出して、較正することにします。

■関連記事:
 ・110401_標準電波送信所(40KHz)が停止したんですね。それと、、

2011年4月 1日 (金)

標準電波送信所(40KHz)が停止したんですね。それと、、

今朝、テレビ番組変わり目と、自宅の電波時計が10秒以上違っていたので、ちょっとぐぐってみたら、電波時計の大元「おおたかどや山標準電波送信所」が止まっていたんですね。
110401jjy_2 (NICT HPより)

支線式空中線なので、アンテナ構造に何らかの問題があったのかと思いきや、福島第一原子力発電所から20km圏内(約17km)であるため、3月12日19:46に停波したとのこと。

通常、送信所は無人で運用されていて、離れた運用室(例えば小金井)で監視しているのかと思いましたが、この電波送信所は、有人で運用されていたため、停波して職員が避難されたんですね。電波出しっ放しでは、いけなかったのかな~、と思ってしまいます。

送信再開のための主な条件(NICT HPより引用)
・20km避難指示の解除
・商用電力及び時刻比較制御のための通信手段の安定的な確保
・基準信号源及び時刻比較制御装置類の正常動作確認と定常的管理
・送信設備等の正常動作確認と定常運用

なんともいえませんが、このままだと無期限電波停止でしょうか?

BT

関連して、もう一つ。需要家が関東にある東京電力の原子力発電所が福島県の海岸線の真ん中にあるのか理解できません。配電線ロスだってバカにならないと思うので、今回の原子力汚染を想定して、関東以外に場所を決めたのかと勘ぐってしまいます。

menkyo

  • 免許情報楽ちん検索
    © JHøMGJ

Condx

  • kokubunji
無料ブログはココログ

小物製作のページ