フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月の4件の記事

2015年10月31日 (土)

.バッテリーチェッカー(ML100)の導入

2011年5月に購入したディープサイクルバッテリー(SMF31MS-850)×2は導入から4年半経過し、今年の6m&Dでは、まさかのバッテリ切れのため、運用開始から12時間で運用終了を余儀なくされました。

新しいバッテリーを購入するか?サルフェーション除去してみるか?と悩んでいましたたが、ココをきっかけにバッテリーチェッカー(ML-100)を,Amazonで購入(7.7K円)しました。

Mono1850233815061602_2

バッテリチェッカーの測定は、バッテリーが車に接続されているか、バッテリーの型式(もしくはCCA値)を入力すると、4~5秒程度で、「電圧」「CCA値」「内部抵抗」「劣化状態」「充電容量」「総合評価」が出てきます。​

■バッテリーチェッカーの信頼性
購入したバッテリーチェッカーで測定したら、データが変、、、(実は正常!理由は最後に)だったので、業務用のバッテリーチェッカー(日置電機バッテリハイテスタ3554)をお借りし比較してみました。
                                                       

電圧  ML-100 3554
バッテリ1 13.04V 13.06V -0.02V
バッテリ2 12.92V 12.95V   -0.03V
内部抵抗
ML-100 3554
バッテリ1 4.7mΩ 4.6mΩ +0.1
バッテリ2 4.9mΩ 4.8mΩ +0.1

ごらんの通り、ML-100は簡易バッテリーチェッカーといっても、電圧、内部抵抗ともに業務用とまったく問題ないデータを出力している優れものであることを確認しました。

■バッテリーの現状診断

バッテリーの現状としては、バッテリーチェッカーの診断だと「Replace」と出てきます。このバッテリーのCCA値は仕様850Aとの比較(%)です。

                                   
  電圧 CCA 内部抵抗 劣化状態 総合評価
バッテリー1 13.04V 630A (74%) 4.7mΩ 54% Replace
バッテリー2 12.92V 605A (71%) 4.9mΩ 50% Replace

バッテリ交換の目安が70%と言われていますので微妙~ですね。 個人的な見解としては、CCA値とは-18℃環境での30秒間の瞬時電流なので、十数時間継続して使うラヂオの移動運用の環境とは全く違います。
先日のLet's A1クラブコンテストでも、6時間連続、50W運用しましたが、全く問題ありませんでした。

ただ、バッテリーが回復するのであれば、サルフェーション除去をやってみたいな~と漠然に思っています。

【おまけ】バッテリー端子の間違い (^_^;)

当初、バッテリーチェッカーで測定すると、内部抵抗40mΩ、CCA値0Aと表示されたため、バッテリーチェッカーの故障品をつかまされた~!?と思ったのですが、実績がある日置のバッテリーチェッカーでも異常値が出たので、調べたら根本的な間違いを発見しました。

このバッテリー(SMF31MS-850)には、プラス/マイナスに、鉛端子とステンレス端子の各2個が用意されています。ステンレス端子はネジが切ってあり、蝶ネジで留めて使っていますが、ここに「抵抗」を持っていました。

Sub02_2

放電はステンレス端子の下部は鉛なので問題なかったのですが、充電はステンレス端子のみに接続していたため、ステンレス端子の抵抗付きで充電していました。4年半も気がつきませんでした。Hi..

2015年10月26日 (月)

Let's A1コンテスト

Let's A1コンテストに参加しました。
QSOいただきました各局ありがとうございました。
コンディションもあるかと思いますが、成績は昨年より下回ってしまいました。
まあこれも実力でしょう
◎ハイライト
・とりあえず、フル参加できて良かったです。途中、風雨がさらに強くなりましたが、撤収時には寒いだけで、風は無くて良かったです。
・久々の縦ブレ電鍵でしたが、手崩れがありますが、最後までキーを握ることができました。「/」が打てませんw
▼ローライト
・風が強くてオバケポールは上がらないし、ロープは絡まるしで大変でした。余裕をもって出発して良かったです。
・スタートから2時間、7MHzは比較的好調だったのですが、16時台から閑古鳥、睡魔が襲ってきて、コンテストナンバーを聞き漏らしたり、ワッチだけに回って局数が全く伸びませんでした。
・7MHzはねばって結構伸びたつもりだったが、あまり増えず、、、3.5MHzは全然伸びなかったため、トラブル続きだった昨年よりも局数、スコアともに下回りました。
===================================
■ Let's A1コンテスト
■ 日時:2015年10月25日(日)14:00~19:59
■ 参加部門:一般局部門
■ 運用場所:山形市(#0501)
■ 結果: 215 QSO

2015年10月22日 (木)

山形県支部QSOコンテスト

全市全郡コンテストに併設されている、山形県支部QSOコンテストにもログを提出しました。
山形は仮住まいなので、あと何年いるか、わかりませんので記念ですね。
昨年も提出しようとおもったのですが、全市全郡コンテストより〆切が早いのと、受付が紙のみですので失念していました。
規約も、ちょっと違っていて、山形県内局とのQSOは5ptとなっています。全市全郡のコンテストログはCTESTWINを使いましたが定義ファイルを見つけられなかったので、ZLOG形式に変換しました。

CTESTWIN→ZLOGへの変換方法
(1) CTESTWINのファイル出力でCabrillo形式で出力する。(時刻をJSTをチェックする。)
(2) ZListでCabrillo形式で読み込む。 .zlo形式で保存
(3) ZLOGで定義ファイルを山形QSOコンテストとして読み込み、再計算
(4) ZPrintで印刷
スコアを確認したところ、同じになるはずのマルチが1つ違う、、、調べていったら、CTESTWINは1001(東京23区)をカウントしていて、ZLOGはカウントしていないことが判明しました。
JARL規約上は1001(東京23区)は消滅していますので、全市全郡コンテストの電子ログ再提出しました。まあ、QSOした時に気がつかないとダメですね。Hi..
あとは、久々にプリンタを使ったために、目詰まりがひどく、インク交換で指が黒くなったくらいですw
===================================
■ 山形県支部QSOコンテスト
■ 日時:2015年10月10日(土)21:00~11日(日)21:00
■ 参加部門:シングルバンド3.5MHz
 (条件: 山形県内に居住し、山形県内で運用すること)
■ 運用場所:山形市(#0501)
■ 結果: 358 QSO

2015年10月12日 (月)

全市全郡コンテスト

全市全郡コンテストに電信3.5MHzで参加させていただきました。
いろいろトラブルがありましたが、ほぼフル参加?することができました。
空いた日中は、スポーツクラブで遊んでました。Hi..

◎ハイライト
・フィールドデーコンテスト以来、外でコンテストを楽しむことができました。
・携帯発電機(EU9i)をしばらく動作させていなかったのですが、うまい具合に動いてくれました。
・スタートはCQ出す局が多いので、CTESTWINのRBN機能を使ってS&Pしていきました。呼び負けすることも多かったのですが、スタートRUNよりは効率が良かったようです。
・朝の段階で230 QSO程度、雨も降ってきたので、このまま夕方まで雨だったら、終了予定だったのですが、小雨程度だったので後半戦も参加しました。
・当初の目標300QSOに対して、ラストまでで358QSOまで上積みすることができ、全般的には良かったです。Hi..

▼ローライト
・7MHz用までのギボシIVがあったので、両側に3.5MHz用の延長ワイヤーを張ったのですが、22mと書いてあったので、半分に切って取り付けたら、22mではなく42mだった。結局張りなおす羽目になり、大きく時間ロス、、、
・リグをセットしたらCWが送信できない。調べたら原因は2つ。①USBIF4CW~リグ間のケーブルが断線していた。②PC-リグ間のUSB-RS232Cが被りのため正常に動作しなかった。アンテナとリグのトラブルで、1st QSOは21:20でした。Hi..
・3時台、4時台、非常に眠かった。自動CQを出していましたが、ほとんど寝てました。呼んでいただいた局がおられましたらスイマセンでした。

===================================
_20151012_215359
■ 全市全郡コンテスト
■ 日時:2015年10月10日(土)21:00~11日(日)21:00

■ 参加部門:電信3.5MHz(C35M)
■ 運用場所:山形市(#0501)
■ 結果: 358 QSO

Acag

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

menkyo

  • 免許情報楽ちん検索
    © JHøMGJ

Condx

  • kokubunji
無料ブログはココログ

小物製作のページ