フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月の4件の記事

2014年8月29日 (金)

■米国FCCアマチュア無線免許試験、2014年8月30日@仙台

Vepatch2

【ごめんなさい開催日時を訂正しました。8/30が正解です】

ARRL/VECみちのくVEチームによる、米国FCCアマチュア無線免許試験が仙台市で開催されます。

米国FCCアマチュア無線免許は、海外で移動運用される場合、日本のアマチュア無線資格よりも絶対有利です。もちろん、自己啓発での受験もOKです。試験は英語ですが、事前説明は日本語ですのでご安心ください。試験内容は、アマチュア無線の実務に近いので日本のアマチュア無線試験よりも興味がもてる問題が多いと思います。

開催日時: 2013年8月30日(土) 13時開始

開催場所: 仙台市青葉区中央市民センター 
 住所>仙台市青葉区一番町2-1-4

HP: ARRL/VEC Michinoku VE Team

受験に必要な条件は、

事前(必須)
 ①米国内に郵便を受け取るための住所(メーリング・アドレス)の確保
 ②FRN (FCC Registration Number)

試験当日(初めて受験の場合は、①②⑥のみ)
 ①受験料 USD 15.00 (又は\$レートを勘案して1500円程度)。
 ②本人確認のため、「パスポート」・「米国8各州の運転免許証」等の公的証明書。
 ③FCC 免許の原本とコピー1部(現在有効な FCC 免許をお持ちの場合)。
 ④CSCE(合格証明書)の原本とコピー1部(現在有効な CSCE をお持ちの場合)。
 ⑤その他、科目免除を証明する書類等の原本とコピー1部(該当者の場合)。
 ⑥筆記用具、電卓等。

もし、受験の上で、わからないことや質問がある場合には、お気軽にTeam Liaison(連絡窓口)のAL5A/kuroi OMに伺ってみてください。HPから連絡できます。

私も参加させてVEとして参加させていただく予定です。

コンテストガイドブック2014

今年は、ハムフェアに参加することができませんでした。残念、、、

というか、昨今はメジャーコンテストに、ちょっと参加させていただいているだけなので、モチベーションが上がってきていないというのが正直なところ、、、HI..

ハムフェアに参加した同僚にお願いしていたコンテストガイドブックが、昨日、手元に届きました。これを見て精進します。

Cgb

2014年8月13日 (水)

静岡コンテスト~結果発表

静岡コンテストの結果が発表になりました。

電信オールバンドで参加し、参加28局中、20位でした。
7MHzシングルだけでログを提出すれば、47局中8位だったので見栄えは良かったかな?いずれにしても入賞できるレベルではありませんでしたHi..

ちょうど、ALL JAでN1MMに触れて、自分のマシンでも試してみようと参加したんでした。実はあれ以来、N1MMもご無沙汰しています。やっぱり使い勝手、慣れはZLOGなんですよね。

===================================
■ 静岡コンテスト(規約結果
■ 日時:2014年5月4日(祝)12:00~20:00

■ 参加部門:県外電信オールバンド
■ 運用場所:仙台市泉区(#060105)
■ 結果: 20位/28局中

Shizuoka

■ 関連記事: 140504静岡コンテスト

2014年8月 5日 (火)

FDコンテスト

FDコンテストに参加しました。

いつもどおり、参加部門は、電信電話・7MHzです。単独での移動運用ですので、撤収が楽なシングルバンドです。
コンテストが終わってアンテナを撤収して山形まで戻ってきました。水分だけとって晩飯も食べずに爆睡でした。

===================================
Nec_0921

■ フィールドデーコンテスト(規約
■ 日時:2014年8月2日(土) 21:00~3日(土)15:00

■ 参加部門:電信電話7MHzシングルバンド部門(X7)
■ 運用場所:宮城郡松島町(#06013B)
■ 結果: 721q (dup含む)

<ハイライト>
・FDコンテストにフルタイムで参加することができた。いつもなら夜中は2~3時間寝るのですが、コンスタントに呼んでもらい、ほぼ貫徹できた。
・アンテナは8mHギボシダイポールでしたが、CWバンドのSWR1.0、SSB1.5程度、内蔵ATUを使用することなく運用できた。
・スタートはSSB、スタートダッシュで80局超/hからのシャワーを浴び、来て良かったと実感した。
・CWのスピードは27wpm、初心者には20wpm程度まで落として対応した。CWでも若干のパイルになったが、1コールで何も取れずに「?」と打つことはなかった。
・CW運用中は、左耳はメイン受信機、右耳はサブ受信機を聞いていたが、右耳で音がなっていても、左耳での解読に支障を感じなくなった。(信号強度にもよりますが、、、hi)
・電源は、携帯発電機+バッテリの2台体制で臨みました。結局、携帯発電機のみの運用でした。
・JE8ASA局の訪問がありました。→おまけへ
・ハイバンドのCONDXが悪かったようなので、運用局ローバンドに集中しているように感じました。
・ラストは偶然にも7066kHz付近にポケットを見つけSSB運用、ラストスパートできた。

<ローライト>
・運用場所は海岸線の公園でしたが、50mくらい先で津波の防潮堤の建設工事が始まり、飛びに影響しそうだった。いつもの運用場所は工事駐車場となり、給電点そばに木があった。
・九州、中国、四国方面は台風や刺激された前線の関係で天候が移動運用ではなかったようです。そのせいか32県のマルチを落としてしまいました。
・DUP局はスルーして、そのままQSOしたが、さすがに同じ局に4回も呼ばれると、「おいおい!」と言いたくなるが、グッとこらえた(笑)。
・14時台の追い込みで、7095kHz付近でランしていたら、ガツンと強いモービル局から、「ここは全国のモービル局がワッチしているから、10kHz下がれと、、、」なんじゃ、そりゃ
・発電機でコンテスト開始前に満タン給油し、午前4時過ぎに満タン給油したら、14時前にQSO中に燃料切れ、慌てて給油した。計算間違いです。
・公園内にあったトイレが使用中止になっていた。
・暑かった~!車のエアコンで対応しようかと思ったが、ノイズが嫌だったので、車のエンジンは切ったままで運用しました。その変わり、虫にもだいぶ刺されました。

<おまけ>
JE8ASA局の訪問を受けました。
彼とは、今年の6m and DOWNコンテストでも、石巻の上品山で初遭遇させていただきましたが、2回連続で同じ移動場所で遭遇しました。さすがに今回は近くで運用というわけにはいかず、近くの東松島市の運用したことがある場所をご紹介しました。ASA局は今年になってから宮城県に異動されてきており、JE8KGH局が北海道に戻られたと思ったら、またまた8エリアからの強敵が出現ですね。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

menkyo

  • 免許情報楽ちん検索
    © JHøMGJ

Condx

  • kokubunji
無料ブログはココログ

小物製作のページ