フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« CQ誌10月号の別冊付録に紹介されました | トップページ | 移動運用@長井市、白鷹町 »

2013年10月 6日 (日)

■米国FCCアマチュア無線免許試験、2013年10月13日@弘前

Vepatch2

ARRL/VECみちのくVEチームによる、米国FCCアマチュア無線免許試験が弘前市で開催されます。

米国FCCアマチュア無線免許は、海外で移動運用される場合、日本のアマチュア無線資格よりも絶対有利です。もちろん、自己啓発での受験もOKです。試験は英語ですが、事前説明は日本語ですのでご安心ください。試験内容は、アマチュア無線の実務に近いので日本のアマチュア無線試験よりも興味がもてる問題が多いと思います。

開催日時: 2013年10月13日(日) 14時開始

開催場所: 青森県弘前市 東奥日報土手町スクエア

HP: ARRL/VEC Michinoku VE Team

受験に必要な条件は、

事前(必須)
 ①米国内に郵便を受け取るための住所(メーリング・アドレス)の確保
 ②FRN (FCC Registration Number)

試験当日(初めて受験の場合は、①②⑥のみ)
 ①受験料 USD 15.00 (又は\$レートを勘案して1500円)。
 ②本人確認のため、「パスポート」・「米国各州の運転免許証」等の公的証明書。
 ③FCC 免許の原本とコピー1部(現在有効な FCC 免許をお持ちの場合)。
 ④CSCE(合格証明書)の原本とコピー1部(現在有効な CSCE をお持ちの場合)。
 ⑤その他、科目免除を証明する書類等の原本とコピー1部(該当者の場合)。
 ⑥筆記用具、電卓等。

(試験の中止)
試験開催日の10日前に、事前登録者数が 0名 だった場合には当該試験の開催を中止しますので、事前登録にご協力をお願いいたします。

→10月6日現在、事前登録者数1名です

もし、受験の上で、わからないことや質問がある場合には、お気軽にTeam Liaison(連絡窓口)のAL5A/kuroi OMに伺ってみてください。HPから連絡できます。

※アメリカの政府機関の閉鎖の関係で、FCCも閉鎖されているようで、新規のFRNの発行は難しそうです。

当局は、みちのくVECのメンバーで、弘前セッションに参加したいところですが、ACAGを優先させてしまいましたので、参加できません。残念orz_| ̄|.....○

« CQ誌10月号の別冊付録に紹介されました | トップページ | 移動運用@長井市、白鷹町 »

FCC試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538016/58334455

この記事へのトラックバック一覧です: ■米国FCCアマチュア無線免許試験、2013年10月13日@弘前:

« CQ誌10月号の別冊付録に紹介されました | トップページ | 移動運用@長井市、白鷹町 »

menkyo

  • 免許情報楽ちん検索
    © JHøMGJ

Condx

  • kokubunji
無料ブログはココログ

小物製作のページ