フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の21件の記事

2012年3月31日 (土)

ドラマ「カーネーション」終了

NHK朝のテレビ小説「カーネーション」が終了しました。

昨年10月の開始当初は、見なくてもいいかなと思いつつ、2週間見たら完全に持って行かれました。「だんじり」をミシンや、自分の人生に捉え、ガンガン突き進んでいく様子をハラハラしながら見ることができました。ドラマ中、だんじりの太鼓の音が聞こえてくると、自分まで心躍ってしまいました。

また主役も、子役から大人役の尾野真千子さんに変わるまでは良かったのですが、最後の1ヶ月になって、夏木マリさんに変わって、新しいドラマ設定になってしまい、本当に、このドラマ3月末で終わるのだろうかと、またハラハラ、、、

夏木マリさんに変わってからは、味のあるセリフに感心させられました。
体が思うように動かなくなって、苦しそうに仕事をして心配している孫に向かって「人間夢中な時は苦しい顔をするもんや、スポーツ選手かて、そやろ!」確かに、、、
末期がんの女性に向かって、「苦しい時、悲しいときこそ、ニコッと笑って奇跡をおこすもんや」、さすがに、これにはホロッときそうになりました。

いつかは、「だんじり」祭りを見たいですね。

2012年3月30日 (金)

アナログテレビ~東北3県も、まもなく終了

東日本大震災で東北3県(宮城県、福島県、岩手県)のアナログ放送は延伸されていましたが、やっと明日(平成24年3月31日)で放送終了予定です。
120330analog

これが終われば、日本全国デジタル化完了で、とりあえずVHF(90~108MHz、170~222MHz)がクリーンになります。

仙台市内ではVHF TV局は、大年寺山(NHK、仙台放送)と八木山(東北放送)から、1ch、3ch,5ch、12ch、各々10kWで放送していましたので、近傍でアマチュア無線開局している方のノイズ環境は改善するかもしれませんね。Hi..

ちなみに我家はマンション全体がケーブルテレビに加入していますので、アナログ放送が終了してもデジタル放送をアナログ放送に変換したものが受信可能ですので、まだアナログテレビを捨てなくて済みそうです。Hi..

2012年3月28日 (水)

JARLからQSLカード到着

JARLからQSLカードが到着しました。
120328qsl

2011年ALL JAコンテスト7MHz全国1位の参加記念賞が入っていました。
昨年のJARL総会前の理事会で参加記念賞の発行を中止すると決まったと思っていましたので、これが最後かもしれませんね。

カードは重ねると20cm位。今回は若干少なめでした。

2012年3月25日 (日)

ちょっとだけ移動運用@白石、車がパンク、、、

今日午後に、白石市で所用があったため、ちょっと早めに現地について移動運用しました。

===================================
▼バンド : 10MHz
▼運用時間: 12/03/25 10:20~11:08
▼運用場所: 白石市(#0606)
▼QSO: 59Q(CW)
▼アンテナ: 4m釣竿ホィップ

最初こそ、CQ3回出して、1回呼ばれる感じで低調なスタートでしたが、粘ってCQ出していたところ、そこそこ呼ばれるようになり、Jクラにアップされたと同時にパイルになりました。運用開始してから気がついたのですが、半径300m以内に新幹線、JR在来線、高速道路、高圧線があって、若干ノイズも気になったのですが順調です。

10MHzが一段落して、7MHzでも運用しようと思ってコイルのタップを変えるため、車の外に出た。アンテナが傾いていたので、風が強かったせいだと思い修正しました。
車に乗り込もうとしたところ、隣のドライバーに声をかけらました。「あなたの車パンクしているよ」みたら、後左のタイヤがパンクしている。アンテナは傾いたのではなく、車体が傾いていたようです。
120325pank

この後の予定もあるので、運用は一旦中止。とりあえず取り扱い説明書を見ながら非常用スペアタイヤを取り出し、交換しました。車を運転しはじめてから30年近くになりますが、パンクは初めての経験です。パンクしたタイヤの底面にモクネジが刺さっていました。

これで何とか足は確保できたので一安心。ということで、FO-29にアクセスしました。(爆)
===================================
120325sat
☆SAT:FO-29
☆AOS-LOS:12/03/25 12:04-12:22
☆運用場所:白石市(#0606)
☆13QSO:(CW) SBU CQH MGU JXC HFN SGN KXB LDY/1
             (SSB) HFN KNW JXT OQZ SYK

のべ13qですので、まあまあです。比較的安定したパスで、AOSからLOSギリギリまでループバックを聞くことができました。
SSBは苦手なのですが、サテライト用のアンテナ利得が良いのでしょうか?聞き直しはありますが、比較的、苦にならずにQSOできるようになりました。

所用が終了して帰途につきました。タイヤの修理で時間をとられると嫌なので、スペアタイヤで仙台まで戻りました。さすがに高速はダメだろうということで一般道で帰ってきました。近所のガソリンスタンドまで到着。パンク修理をしてもらったのですが、スペアタイヤを固定しているホィールを固定しているボルトナットの一つがとれないとか、、、ボルトが折れるかもしれないと言われたのですが、このままスペアタイヤのまま、走るわけには行かないので、お願いしてボルトを取ってもらったら、案の定、ホィールボルトはポッキリ、折れてくれました。
それからディーラーに走って、明日の修理予約して、、、帰ろうと思ったら吹雪でした。
パンク修理2100円+ホィールボルト修理15000円だそうです。ちと痛い。

こういうついていないこともあるものです。笑うしかありません。ジャンジャン。

ラヂオの方は短時間でしたが順調でした。QSOいただきました皆様ありがとうございました。

2012年3月24日 (土)

CQ誌 2012年4月号

今週は、公私ともにQRLLで週末になって、やっとCQ誌を読むことができました。

○ V/UHFで楽しむアマチュア無線
144MHz SSBの遠距離通信で「水平偏波」について書かれています。V/UHFは「垂直偏波」が主流ですが、自分はサテライト用アンテナが144MHzは「水平偏波」なので、そのまま送信しても7エリア→1エリアまで飛んでくれることがあります。当然相手は、垂直偏波なのですが通信できます。異偏波面は一般的に15dB落ちるとも言われていますが、遠距離の場合には、偏波面が反射等で回転するのでしょうか?
ところで、テレビ・FM放送などでもV/UHFが使われていますが、こちらは「水平偏波」が主流です。一部「垂直偏波」もあるのですが、理論的に説明はできませんが、経験的に「垂直偏波」は飛びにくいという印象があります。

○ PC構築オーディオフィルタ「DSPFIL」
MMTTY、MMSSTVから派生した、AFフィルタ面白いですね。最新バーション(Ver.1.11)は2000年にリリースされていたようですが、全く知りませんでした。
早速DLしてパソコンにインストールしました。
120324dspfil
スルーにした時、量子化ノイズが気になりましたが、LMSB2にすると音がスッキリ聞こえます。
FT-817でMODE:SSBで10MHzを聞いてみました。最初はスルーでその後、「LMSB2」を入れました。ノイズがスーッと消えています。(何回か入り切りしています)

 録音したCW

パソコンのノイズが気になるところですが、実戦で使えるものでしょうか?今度試してみようと思います。

○ スマホ&ハム~GPS位置と情報交換用APRSアプリ
U2APRSが紹介されています。自分は、筆者のELGさんから、直接このソフトウェアの存在を教えていただき、APRSパスワードの入手方法や、使い方等、いろいろと教えていただきました。
最近の移動運用ではU2APRSを起動して移動しています。先週の角田市移動の際に、APRS情報だけで、JECさんとアイボールできたように、移動運用の別の楽しみが一つ増えたと思っていますし、モービル移動などの時、呼ぶ側が移動地を確認できるという使い方もできると思います。
APRS無線機の購入までは?と躊躇されている方には、このソフトウェアはオススメです。

2012年3月22日 (木)

放送記念日

今日3月22日は「放送記念日」です。

調べてみると、1925年3月22日、東京放送局(後のNHK)が、東京都芝浦からラジオの仮放送を始めたのを記念して制定されたそうです。
放送がなかった、1923年9月1日に発生した関東大震災では、根も葉もない噂が広がって事件なども発生しているため、正確な情報を伝達するために、ラジオ放送の開設が急がれたそうです。

テレビやインターネットが普及している中で、ラジオの将来性は無いといわれる昨今、昨年、東日本大震災が発生し、ラジオや臨時災害FM局が見直されました。
原点に戻ったということでしょうかね。

ラジオの良いところは、電気(電池)がなくても聞こえることですかね。昔は電池のいらないゲルマニウムラジオ、今なら手回し発電機がついた携帯ラジオで情報を得ることができます。災害時に重要なのは、正確な情報をいち早く捕まえることだと思います。

2012年3月21日 (水)

オールアジアコンテストCW~結果発表

AACWに参加したことも忘れていました。

AACWの結果が発表されたとの情報があったので、知っている人がいるかなと思ったら、自分のコールがあってビックリ!
写真撮影のついでに聞こえた局を呼んで、登録クラブ対抗もあるのでログを提出していたんですね。

===================================
■ 第53回 ALL ASIAN DXコンテスト(規約結果
■ 日時:2011年6月18日 9:00 - 20日 9:00

■ 参加部門:40L
■ 運用場所:仙台市若林区(#060103)
■ 結果: 20位/24局参加中
120316aacw

■ 関連記事
 ・110619_夕方にAACWの足跡だけ、、、

2012年3月20日 (火)

東海QSOコンテスト~参加しました@角田市

昨年は震災の直後で開催されなかった東海QSOコンテストが、今年は無事開催されましたので、遠征してコンテスト参加+JCCサービス+アイボールもしてきました。

===================================
120320kakuda
■ 第52回東海QSOコンテスト(規約
■ 日時:2012年3月20日9:00 - 15:00

■ 参加部門:管外・シングル・電信電話7MHz
■ 運用場所:角田市(#0608)
■ 結果: 83Q

過去に参加した2009年、2010年共に、入賞することができており、運がよいというかCONDX的に、ちょうど合致するコンテストです。また、入賞した時にいただけるアワードの写真が富士山で、家族にも評判が良いのです。

角田市の運用は、震災直後の復帰戦で行って以来になります。
一昨年、七ヶ浜町から参加した時も、非常に風が強かったのを覚えているのですが、今回も風が強くて、さぶかったです。Hi..
コンテスト前に10MHzを運用していたこともあって、若干遅刻しての参加、2エリア対全国コンテストですので、基本的にS&Pで通しました。途中、管外局でランしてQSOしている局がいましたので、マネしてみましたが、短時間ではさっぱり呼ばれません。

最初のうちはCONDXも、そこそこ良かったのですが、午後になるとガツンと入感していた局も、だんだん落ちつてきたようで下降気味です。PHとCWで、それぞれポイントとなるため、落ち穂拾いをしながらQSOを重ねますが、後半戦は、呼んでいるよりもVFO回している時間の方が長く、コックリすることも、、、

この後、劇的な増加が望めないと思い、14:45頃には運用を終了して次の準備をしました。意外とこういう行動が仇になったりして、、

===================================
▼バンド : 7~28MHz
▼運用時間: 12/03/20 8:25~16:20
▼運用場所: 角田市(#0608)
▼QSO:  115Q(CW)
  7MHz 44q
  10MHz 57q
  14MHz  6q
  18MHz  1q
  21MHz  1q
  24MHz  2q
  28MHz  4q
▼アンテナ: ギボシIV

コンテストに合わせて出発したつもりだったのですが、アンテナ設営、リグのセットアップがが終了したところで、30分位時間があったので10MHzでランしました。Jクラ効果もあって、パイルになっています。先週末の三陸ほどのパイルではなかったので、落ち着いて捌けます。また、アンテナがIVですので、釣竿ホィップよりは飛んでいるようです。30分程度で57局ですのでまあまあです。

コンテスト、SATが終わって、10MHzを除いて一周りしました。7MHzは当初はぼちぼちでしたが、こちらもJクラ効果で、ちょっとしたパイルが続きました。7MHzも30分の運用ですのでいい感じです。

その後、HBの運用を行います。WLVさんからのリクで、21MHzまではカスカスながら、なんとかQSO。どうやらScのようです。24MHzはCQしますが、消防署(RS=119)状態、ダメかと思ったのですが、ノイズが気になったので、暖房+パソコン用電源に使っていた車のエンジンを切りました。そしたら、すーっと信号が浮いてきました。
その後の28MHzは、空電みたいなバリバリノイズがありましたが、こちらの方がSNは良く入感していました。皆さんの耳の良さには、感服させられます。

===================================
120320kakuda_sat
☆SAT:FO-29
☆AOS-LOS:12/03/20 14:54-15:08
☆運用場所:角田市(#0608)
☆6QSO: CQH IRH BUL UR/9 NCA/2 COP

コンテスト中だったのですがFO-29の西パスが来るというので、コンテストを20分前に切り上げて、サテライトの準備をしました。
北から西へのパスでELM:13度だったのですが、ジェンジェン呼ばれません。あんまり暇だったので、バンド内のパイルを探しまわったりしていました。Hi..

-・・・-

全ての運用が終わって、撤収していたところで、JECさんがひょっこり現れました。
Jクラを見て角田にいるのを知って、さらにaprs.fiを見て駆けつけてくれました。
お互いにU2APRSの愛好者です。Hi..
120320aprs

緑線が私で、赤線がJECさんです。
撤収の合間に、バッテリやアンテナを見ていただきました。外は、風が強くて非常に寒かったのですが、撤収終わるまで、お話することができました。
初めて、aprsが役立ったような気がします。Hi..

本日も、QSOいただきました皆様ありがとうございました。

2012年3月18日 (日)

久々のお泊り移動運用

この週末は、久々のお泊り移動運用を楽しんできました。
土曜夜に出発し、気仙沼市、大船渡市、陸前高田市で移動運用しました。
多くの方に呼んでいただきました。ありがとうございました。

【追記】TurboHamlogへのログイン完了しました。集計しましたら、土曜深夜から日曜夕方まで567qsoできました。私にしたら、出来過ぎかもしれません。バンド別順だと、①10MHz:261q、②7MHz:111q、③SAT:70qっと、サテライトもそこそこできています。いい感じです。

移動運用を初めて3年くらいになりますが、気仙沼や陸前高田で移動運用したことがあります。私の場合、山よりも海岸や平地で移動運用することが多く、震災では、過去に移動運用した場所が津波の被害を受けたことも知っていました。震災から1年経過したこともあり、見ておきたいと思ったのが、今回の移動運用のキッカケです。

今回の移動ルートです。U2APRSで記録しました。
120318aprs

===================================
1203181_2 
▼バンド : 1.9MHz~7MHz
▼運用時間: 12/03/17 22:56~3/18 6:32
▼運用場所: 気仙沼市(#0605)
▼QSO:   60q(CW/SSB)
  1.9MHz 16q(CW)
  3.5MHz 23q(CW)
  7MHz   21q(CW1、SSB20)
▼アンテナ: 4m/10m 釣竿WHIP,

元々3/18のみ、移動運用しようと思っていたのですが、自宅から出発となると、どうしても遅くなってしまうため、土曜日夜に出発しました。
夜間ですし、最近、地震も多いため、とりあえず気仙沼市の安波山に宿泊のためにいきました。当初は、そのまま寝る予定だったのですが、サテライトNOWで、ASQさんが奄美市に移動していることを知ったら、いてもたってもいられなくなり、次の瞬間には4m釣竿アンテナを立てていました。

ASQさんとも無事7MHzQSOでき、そのままランをしようと思ったのですが、Russian DX Contestが開催されており、国内もあまり聞こえていなかったので、10m釣竿アンテナを立てて、1.9/3.5MHzで運用しました。深夜にも係わらず、多くの方に呼んでいただきました。
そのまま、車内で寝袋で就寝し、朝5時に起きてから、再度LBを運用したのですが、こんどはさっぱり呼ばれません。7MHzCWに移ってもDXばかりでしたので、思い切って7MHz SSBで運用しました。あまり慣れないPHですが、ちょっとしたパイルにもなり、出足は良かったです。

===================================
☆SAT:VO-52
☆AOS-LOS:12/03/18 06:57-07:08
☆運用場所:気仙沼市(#0605)
☆14QSO:(CW)JTN XCU/1 BHC IRH CQH KQJ COP KI LDY/1
      (SSB)BUL WLS JHP LDY/1 SZV/1 

VO-52が復帰してから、初めてのアップリンクを行いました。久々のアクセスですので、ちょっと緊張しましたが、いつもは、なんとなく調子悪い自作アンテナも、補修がうまく行ったのかループバックも好調でした。LOS付近にSSBにもアクセスし、絶好調です。Hi..

===================================
120318
☆SAT:VO-52
☆AOS-LOS:12/03/18 08:33-08:45
☆運用場所:大船渡市(#0311)
☆5QSO: MGU COP IRH RNY KQJ 

次は、大船渡に向かいました。海岸線が良いかと思いつつ、三陸道路を走っていたら、ヨサゲなパーキング片側車線だけがあって通り過ぎた後、次のICで降りて、また陸前高田のICまで戻ってたどりつきました。
到着したときには、良いかと思ったのですが、サテライトは西パスにも係わらず、大きな山があって、VOは期待できそうにありません。Hi..案の定、ダメダメでした。

===================================
▼バンド : 7MHz~28MHz
▼運用時間: 12/03/18 8:50~11:26
▼運用場所: 大船渡市(#0305)
▼QSO: 167q(CW)
  7MHz 54q
  10MHz 85q
  14MHz 16q
  18MHz  5q
  21MHz  4q
  24MHz  2q
  28MHz  1q
▼アンテナ: 2.5m/4m 釣竿WHIP

VOが終わって、HFを始めました。7MHzから始めたのですがガンガン呼ばれます。久々のパイルに嬉しい悲鳴です。7MHzが落ち着いてきたところで、10MHzにQSYしたのですが、さらに、すごいパイルになって呼んでいただきました。
その後は、サテライトNOWに書きこみながらHB運用、CONDXが比較的良かったのか多くの方に呼んでいただきました。私にしては、ちょっと出来すぎです。Hi..

===================================
☆SAT:FO-29
☆AOS-LOS:12/03/18 11:29-11:45
☆運用場所:大船渡市(#0305)
☆21QSO: (CW)GHT MGU FWT COP UVJ/4 BHC RNY KPI SJV VXL CQH SBU PXH CNQ WLV UVN IBO FBF
              (SSB)JHP FWT EJD

===================================
☆SAT:AO-27
☆AOS-LOS:12/03/18 11:43-11:56
☆運用場所:大船渡市(#0305)
☆6QSO: FWT GHT KPI LWY RKB NLT

大船渡到着時のVOが、あまり調子が良くなかったため、期待していなかったのですが、FOは多くの方に呼んでいただきました。といっても、取りこぼしや、こちらのキーイングがまずいところもあって、同じ方に呼ばれることがありますので、まだまだ修行が必要です。Hi..

FOが過ぎたところに、同じ東パスでAO-27もやってきたので聞いてみると、いつもよりよく聞こえます。FM1chだけですので、連続CQとは行きませんが、FM衛星も楽しむことができました。あまりにも早口になりすぎて思わず「CQコンテスト??」って叫んでしまい、、、おおっ恥ずかしい

===================================
120318_2
▼バンド : 7MHz~28MHz
▼運用時間: 12/03/18 12:57~15:50
▼運用場所: 陸前高田市(#0311)
▼QSO: 194q(CW)
  7MHz  36q
  10MHz 110q
  14MHz  17q
  18MHz  10q
  21MHz   9q
  24MHz   4q
  28MHz   8q

▼アンテナ: 2.5m/4m 釣竿WHIP

昼食後、以前、運用したことがある、道の駅に行ったのですが、ここは残念な状況のままでした。そこでは運用する気になれず、ちょっと離れた海岸で運用しました。
サテライトのアンテナをセットして、AOSまで15分位あったので7MHzから運用を始めました。10MHzでも良かったのですが、大船渡の様にドッグパイルになったら抜けられなくなると思ったので、7MHzからとしました。
案の定パイルになりつつありましたが、「QSY FO29」と打って、バッサリ終了してしまいました。

サテライト終了後、7Mzをちょっとやって、リクに応じて、今度は28Mから徐々に降りてきました。CONDXが良いのか、HBでも結構呼ばれます。10MHzに降りてちょっとしたら、たぶん、自分がアマチュア無線を初めて、最大のパイルでした。RFゲインを絞って、周波数も広がっているので、RITを回しながらピックアップしました。ほとんどリグの限界かもしれませんね。同時に私の耳の限界かも??

===================================
☆SAT:FO-29
☆AOS-LOS:12/03/18 13:13-13:32
☆運用場所:陸前高田市(#0311)
☆23QSO: (CW)KPI RNY SJV MGU KQJ BHC VXL COP WLV XCU/4 SBU SGN HFN LDY/1 UVN CQH BPK/6
              (SSB)JHP KPI MGU TNL HFN KQJ

===================================
☆SAT:AO-27
☆AOS-LOS:12/03/18 13:22-13:36
☆運用場所:陸前高田市(#0311)
☆QSO: HFN

このパスも、FO→AO-27の連続西パスでした。FOはパイルでした。途中、見失いそうになった時には、メモリキーヤーでCQを出して時間稼ぎをしつつ、アンテナ方向と、ドップラを調整して、なんとかQSOすることができました。さすがにキーイングしながら、アンテナ方向調整は、まだまだ未達です。それでも20Qを超えてきましたので、嬉しい限りです。

一方、AO-27ですが、こちらは残念ながら、1Qでした。FOはLOSまでネバリましたので、LOS付近の数分だけでしたので1Qでした。また、西パスということもあって、QRMも多かったですね。

サテライトが終わったところで、HFに戻りました。7MHzから戻りましたが、一度パイルになっているので、落ち着いてQSOすることができました。落ち着いてきたところで、呼んできたのはFK8でした。こちらは、4mホィップなんですけどね、、、
HBはリクエストがありましたので、28MHzから降りることにしました。呼ばれなければすぐにQSYしようと思っていたのですが、サテライトNOWでのアナウンス効果もあって、弱いのですが、そこそこ皆さんに呼んでいただけました。

最後に10MHzまで降りたところで、いままで経験したことが無いくらいガンガンと呼んでいただきました。大船渡の10MHzもすごかったのですがパイルは更に凄くて、タジタジ、、、1局もピックアップできずに、?返すこともありました。また、CQだけメモリに入れて、手打ち&手書きログだったのですが、休むヒマもなく、腕は痛くなってくるし、打ち間違いは多くてご迷惑をおかけしました。腕の痛みは、嬉しい悲鳴なんですけどね、、、

===================================
1203182
▼バンド : 10~14MHz
▼運用時間: 12/03/18 16:53~17:43
▼運用場所: 気仙沼市(#0605)
▼QSO:    76q(CW)
  10MHz  66q
  14MHz  10q
▼アンテナ: 4m 釣竿WHIP,

最後は、また気仙沼に戻って来ました。今度は、2009年3月にXを連れながら移動運用に来た思い出のある岩井崎です。今回は足元も悪かったので、先端まで行くことはせず、墓地の近くだったのですが、流されて見つかった墓石が並べられていました。

昨晩~朝まで1.9MHz~7MHzまで運用しているので、10MHzと、リクエストがあった14MHzを運用しました。天気が良ければ、HBも運用しようと思ったのですが、あたりが暗くなって、雨も降って来ましたので、CLとしました。
夕方になって、10MHzのCONDXも落ち着いてきたのですが、それでも短時間に多くの方に呼んでいただきました。

久々のお泊り移動運用+パイルで、多くの方に呼んでいただきましてありがとうございました。前の晩も、4.5H程度しか寝なかったため、帰宅後、荷物を下ろして、ビール1本+日本酒1杯で、心地良い眠りにつくことができました。

また、過去に移動運用した場所を訪ねて、震災への知見を深めることができたと思います。大船渡で運用中には震源地が近い場所で震度4が来ましたが、地震に対しての備え、心構えをあらためで考えることができたと思っています。

2012年3月16日 (金)

週末雑感、もろもろ、まとめて

今週は、CM+飲み会+地震などでQRLL気味で、ブログを更新することも間々ならず、いやネタも無かったといえばその通りなのですが、あっという間の1週間でした。

そんな中、今週3月14日遅くにVO-52が復活してくれたようで嬉しい限りです。
今日、145.860MHzのビーコンを聞くことができました。今週末はVO-52にアクセスしてみましょう。VO-52はDutchトラポンで運用しており、設計したWilliam Leijenaar PE1RAH氏いわく、

! ! !  Please don’t use high uplink powers !!! (We don’t want it to rise temperature very fast just after cold switch on) ! ! !
これからも、長く使っていきたいサテライトですので、オーバーパワーには注意しましょう。

3月14日と言えば、ホワイトデーでした。一応、1ヶ月前に義理義理でいただいたチョコの恩返しも寸志だけお返ししておきました。
下ゴゴロ、無いといえば嘘ですが、ホワイトデーにプレゼントもくれない職場は嫌だと言われるのも困るので、毎年お渡しています。今年は周りに気の利いた方が多くおられ、女性陣は、たくさんのプレゼントをもらったようです。
そういえば、昨年は震災直後で、おにぎり確保するだけでも大変だった時期でしたが、ホワイトデーのお返しを震災前に買っていたので、数時間自宅に戻った時に持ち帰り14日に渡したことを思い出しました。

さて週末ですが、Xがいませんので、18日(日)は、移動運用でラヂオを楽しめそうです。これから移動地を決めようと思いますが、今のところ北方面にしようと思っています。
また、20日(祝)は東海QSOコンテストがありますので、参加しようとおもいます。憂鬱なのは、週末になると天気が良くないのと、最近地震が多いので、大きな地震がこない事を祈るばかりです。Hi..

2012年3月11日 (日)

2012年 ALL JA0 7MHzコンテスト~参加しました

ALL JA0 7MHzコンテストに参加ました。

昨晩の3.5MHzも捨てがたかったけど、いろいろと所用もあったので断念。朝から7MHzだけ参加しました。

コンテストスタート直後からCONDXは安定しており、当局は、CWから開始しS&Pで呼んでも他局がピックアップされるし、CQ出してもあまり呼ばれないというスタートでした。それでもバンドエッジ付近(7023kHz)でCQを出していると、コンスタントに呼ばれるようになりました。

9時台になってSSBに移りますが、こちらはまだまだ呼ぶ局が多いようで、S&Pに参加しても、歯がたたない感じです。やっぱり、空き周波数のなんとか探して、CQしていました。
10時台になって519程度の弱い信号で呼ばますが、コンテストナンバー交換する時に599になるような、急激に信号強度が変わる事が2~3回ありました。CONDXは不安定だったようです。

コンテスト終了、25分位前からSSBでランしたら、結構コンスタントに呼んでいただきました。もう少しSSBの比率を増やしておけば良かったかもしれません。
12時にコンテストが終了して、もう少し運用しても良かったのですが、震災の日でなので、そそくさと片付けて帰途につきました。

黙祷(14:46)は自宅でおこないました。

===================================
■ 2012年 ALL JA0 7MHzコンテスト(規約
■ 日時:2012年3月11日8:00 - 12:00

■ 参加部門:7MHz個人局電信電話部門
■ 運用場所:仙台市泉区(#060105)
■ 結果: 151Q

今年の結果の良し悪しを比較するために、なにげに昨年の結果を確認したのですが、考えてみたら、震災の翌日、翌々日の開催で、参考になりませんでした。Hi..
7エリアからのログ提出者は、3.5MHzなし、7MHzは2局だったんですね。

昨年、自分は0エリアから乗り込み参加しようと考えていたのですが、震災の前にも、強い地震が頻発しており諦めたことを思い出しました。

黙祷

...

震災から1年~その3(終)

<体調不良>
3月末に1回だけ、高熱を出して、胃腸も最悪の状態で、ぶっ倒れてしまいました。震災の緊張と、不規則な生活、休みなし、寒い部屋の中で肘掛けがない椅子を3つ並べてコートを着て寝たりしていたので、体に変調をきたしたのだと思いますが、まだまだ頑張れると思っていただけに、悔しかったです。とはいえ、休んでいるわけには行かないので、早く薬が聞いてくれと思いつつ、意識もうろうとしながら、仕事してました。おかげで復活まで3~4日もかかってしまいました。

<余震>
4月7日23時30分過ぎに、震度6強の余震がきました。震災から約1ヶ月で、ガスこそ出ていませんでしたが、ほぼ普通の生活で、夜はかーっと、ビール、日本酒を飲んで気分よくなっていたところで、足元をすくわれてしまいました。思わず食器棚を抑えたのですが、エネルギーはスゴイもので、またまた食器をだいぶ失いましたし、爪を挟んで割ってしまい、指が痛い日々をしばらく過ごしました。
誰のせいでもないのですが、震災以来、酔いも回って、「ふざけんな~地震」って怒りながら出勤したのを今でも思い出します。

<震災太り>
震災があって、当初は、おにぎりだけ、数日経つと、おにぎり+カップヌードル、1週間くらい経つとロジも立ち上がって、菓子パンやお弁当が出てくるようになりました。津波の被災地に比べれば、恵まれていたとは思いますが、体というものは怖いもので、体の中に脂肪を溜め込もうとするのか食べる量も増え、精神的な気晴らしでお酒の量も増え、みるみる体が肥えていきました。ニュースで「震災太り」という言葉を聞いたので、ネットで調べてみたら、自分だけでは無いと知り、ほっとしました。(笑)、震災太りは、移動運用やスポーツジム通いを初めてから、一進一退ですが、未だに震災前の体重には戻りません。(爆)

<震災後の生活で変わった事>
震災の後も、震度3~4程度の余震は毎日の様に続いていました。家族はいつ避難所生活に戻るかわからないで、非常用品をまとめるようになりました。電池、缶詰、ティッシュ、お菓子など、不足を感じたんでしょうね。
また、お風呂の水はギリギリまで捨てなくなりました。停電になると水道も止まるため、ちょっと手を洗ったり、トイレに使ったりすることができます。
これは自分ですが、JARLコンテストなどで車中泊する時にお酒は飲まなくなりました。いつ地震や津波が来るかわかりませんから、すぐに行動できるようにしています。最近はノンアルコールビールを持って行ってます。
あと、震災後購入した「緊急地震速報受信機」は、緊急地震速報が発表されると同時に大音量でラジオがONになるのでオススメです。

<ラジオライフ>
<もともと、自分はラジオを聞いているのが好きなのですが、テレビと一緒に聞くことはできないため、普段は遠慮してテレビを見ています。震災以降、我が家ではラジオが見直され、週末の日中はXとラジオを聞いていることが多くなりました。Xが避難所にいた時、テレビはなく、ワンセグ見ていた携帯は電池切れ、ラジオと新聞だけが情報源だったようです。

もうひとつのラヂオ、アマチュア無線は、しばらくはできませんでしたが、1ヶ月ちょっと経った4月16日に移動運用して、サルになってQSOした事を今でも思い出します。4月末にはALL JAコンテストにはフル参加することもできましたので、この時点では心も体も完全復活していたと思います。

<最後に、、、><
最近、メディアでは震災1周年とかメモリアルという言葉を使っています。記念日的な扱いで、地震や津波の映像などを至るところで流していますが、個人的には間違いだと思いますし、あまり見たいとは思いません。自宅も家族も全てを失って、振り返りたくない人が数多くいることを忘れてはいけないと思います。
自分も、このブログ「震災から1年」を書こうと思った時は、思いが駆け巡りすぎて、結局明け方まで寝ることができませんでした。

これからも、東北やそれ以外の地域では、大きな地震は発生すると思います。いま震災から一年経過して、個人的に言えることは、「淡々と現実を受け止め、前に進む事」だと思っています。Hi..

~長文にお付き合いいただき、ありがとうございました~

震災から1年~その2

<停電の回復>
2日目になると、被害の状況が見えてきて、このまま全員で踏ん張っていても、事態は大きく改善することはないため、夜間は交代で帰宅してもらうことにしました。
自分が自宅に帰ったのは3日目、とりあえず日中に1時間程度、自宅は停電していたけど、あとで写真でみた光景よりも、部屋に入ることが出来る程度片付いていた。
さすがに家族は避難所で3日目は厳しいらしく、車から移動運用のバッテリと、アイソレータ、DC/ACインバータ、LEDライトを下ろして、自宅に運びこんだ。とりあえず明かりがあれば、食事は避難所でとっても、生活はできるだろうということである。
非常用電源の準備ができたところで、停電が回復しました(笑)。

<料理>
停電が回復したら、水も出るようになりました。ガスは出ません。
電気はつきましたが、電子ジャーと電子レンジが床に落ちてしまい、使えなくなってしまいました。電子ジャーは、実家で使ってのを持ってきてくれましたので、大変助かりました。「電子レンジがあればな~」が、我が家の合言葉になりますが、電子レンジを売っているお店はありません。
料理は、カセットコンロか、ホットプレートを使っていました。カセットコンロはボンベがなかなか手に入らないので、お湯を沸かしたり必要最低限で使いました。ホットプレートでは、さすがに肉とかは手に入りませんでしたが、ハムエッグや焼きそばなどを食べていました。

<オール電化と原発>
もし、オール電化住宅なら復電と同時に、電磁調理器は使えるし、お風呂だって入れるし、便利だと思います。でも、ちょっと考えてみると、オール電化は電力会社が電気量の増大を狙って、電力会社がジョイントしている場合が多く、電気需要に応えるために、発電単価が安い?原子力発電所を建設しているのだと思います。いま、福島第一原発が水素爆発して、国内の原子力発電所が停止して、国内の電力不足は深刻化を増し、電力会社は電気料の値上げを検討しているそうなので、オール電化の良し悪しは、10年後に評価されるものと思っています。

<自宅に戻る>
震災から4日目くらいになるとCMには応援者もやってきて、5日目の夜中に自宅に戻って寝ました。家族の話を聞くと、食料やカセットコンロを調達するため寒空の中、2時間も外で待って、やっと買い物していたようです。朝の出勤では、近くの小さなパン屋さんに開店前から500m以上も人が並んでいるし、道路は2kmくらい先のガソリンを入れる車が並んでいます。夜中、帰る時には、やっぱり道路の1車線をふさいでガソリン待ちをしています。相当寒く、エンジンを駆けることもできないので、人は乗っていません。自分は、ほとんど自転車だったので、結局ガソリン待ちをすることはなく済みました。街中に住んでいて良かったと思っています。同僚も、ガソリンが入手できないし、公共交通機関が動いていないため、しばらく10km程度なら、皆さん自転車通勤されていたようです。

<電子レンジの購入>
震災から8日目、ヨドバシカメラが一部営業をするらしいとの情報を得たので、時間休をとって、朝早くから家族で並びました。電器店といえば、店内照明が煌々と点灯しているイメージがありますが、ギリギリまで薄暗くて商品の型名、仕様は目を近づけてやっと見える程度でした。行った目的は、「電子レンジ」、修理を待っていたのでは、いつまでも使えないので、購入することにしました。壊れた電子レンジは、昨年暮れに購入したばかりだったのに、3ヶ月で買い換える事になってしまいました。電子レンジが戻ってきて、お弁当とかを買ってきて温めて食べることができるようになり、格段に生活レベルが上がりました。

<家電製品の修理>
後日談ですが、壊れた電子ジャーは、2年前に購入してたので保証期間外だったのですが、メーカーの象印に電話をして震災で壊れたと言った瞬間から、先方からお見舞いの言葉をいただいたり、対応がガラっと変わって、運送屋さんが壊れたジャーを取りに来てくれて、数日で修理完了して戻って来ました。しかもタダでした。企業姿勢の良さが伺えます。
一方、電子レンジは買い換えた後、壊れた電子レンジを修理したのですが、修理を頼んでから訪問までに相当時間がかかったし、購入して3ヶ月だったので、同様に保証期間内でタダになるかと思ったら、天変地異は保証外とのことで有料1万円でした。しかし、修理が立て込んでおり、また現行品だったため、修理しないで新品になって戻って来ました。(笑)新品になって戻ってきた電子レンジは、実家にあげました。

<お風呂>
自宅でガスが開通したのが4月13日で、1ヶ月くらいでませんでした。一番困ったのが風呂で、自宅に帰ってこれるようになった5日目くらいから、2~3日おきに洗面所で頭を洗ったり、体を拭いてました。家族は、日中、妹夫婦宅でお風呂を借りていたようです。妹の自宅は、暖房も、お風呂も灯油なのです。
3月末になると、近くのセントラルスポーツがお風呂だけ開店するようになりました。1回500円でしたが、スポーツクラブの会員でなくても入ることができるように配慮しており、大変賑わっていました。私も含めて、皆さん、まともにお風呂に入っていなかったらしく、お世辞にもキレイと言える湯船ではありませんでしたが、ゆったりお風呂に入れるというのは、疲れがとれます。

(その3に続く)

震災から1年~その1

震災から1年経過しました。被災された方に心からお見舞いを申し上げます。
震災直後は、錯綜していてブログを書く余裕も無かったので、自分にあったことを書いておこうと思います。もし震災に遭遇した時に参考にしていただければ幸いです。

<緊急地震速報>
震災当時、私は市内ビルの12階会議室にいました。会議を運営していた側で、会議資料はもとより、進行台本までを前日までに作成した会議で、そろそろ終了。準備で疲れたし、金曜日だし、前日早朝にも地震があって睡眠不足だったので、早めに帰ってゆっくりしようと思っていました。
議長が「会議終了にあたり、質問・意見はありますでしょうか?」と行ったところで、館内のオルゴールみたいなものが鳴りました。しばらく間があった後、「緊急地震速報の時に鳴るものですよ」と行った瞬間から「ダダダダッ」っと、地鳴りがしてきた。

縦揺れが来た。次の瞬間、横揺れというか3Dの揺れ、感触として3~4mくらいの範囲で縦横無尽に動き回る。当然立っている事もできず、しゃがんで机の下に頭を隠すが、机が動いて、机の足を持って踏ん張って押さえる。全然収まる気配がない。古いビルで、バキバキ音がして歪んでいるのがわかる感じだったので、もしかしたら、ビルが倒壊するのではと思いながら、もしかしたらヤバイかもと、ちょっと不安になりました。
揺れは、本当に長い時間でした。実際には3~4分ということですが、体感的にはいつまでも収まらず、倍以上の時間揺れていたと感じました。

<初動>
揺れが収まりました。感覚的には揺れが続いている感じです。すぐにカバンとコートを取って、一番最初に会議室から飛び出しました。階段は混雑するだろうと思ったのですが、まだ出てきている人も少なく、12階から一気に1階まで駆け下りました。会社は近いのですが、片道3車線の道路を渡らなければなりません。信号は消灯、まだ渋滞にはならず車は走っています。
歩道側の道路に車がこない事を確認して横断歩道を渡り始めます。コートを脱いで横に大きく降りました。運転手も気づいてくれ止まってくれました。

道路を渡りきったところのマンションは上の階で煙が出ています。火事のようです。つい最近できたバス停のガラスは割れています。そろそろ会社到着する頃には、ビルの中にいた人が、どんどん外に出てきて、歩道が溢れ初めてきました。その時点で震源もわからなかったのですが、宮城県内が同じ事になっていると想像しながら、後ろ髪をひかれながら会社に戻りました。

会社の自室に戻ったら、書棚のほとんどの扉が開いて書類が飛び散っています。自席に戻ると、近くのテレビでは「大津波警報」、「震源6強(当初)」、「震源は宮城県沖」、これが宮城県沖地震?一昨年に震度6強があったので、自分としては、あれが宮城県沖地震だと密かに信じていたのだか、見事に外れてしまったようです。

とりあえず、業務分担だけ決め、インフラをチェック、電気は自家発電装置、ネットワークはNG、外線電話はNGだが、内線電話はOKという状況だった。
長期戦になりそうだったので、近くにいたスタッフ2人に1万円を渡して、隣のコンビニで飲料水、食料の調達をお願いする。確かに買ってきてくれたのだか合計3000円弱。買えるだけ買ってきてと頼むんだったと後悔する。一方で、これくらいの食料であれば、一晩乗りきれると思ってしまった。一晩経てば、解消すると思っていたけど、甘かった
案の定、買ってきた食料はすぐに底をつき、コンビニも閉店、会社からの食料配給はあったが、当初は限られたものでした。

余震は、数分おきに震度3~5程度の余震が来る。いいかげんにしろと思いつつも、仕事に集中しました。周りでは、余震で書棚の扉が開いて、また書類が落ちてくるのを防ぐため、扉にガムテープを張って、開かないように処置しています。一方で、机の下に隠れて震えている人、それを介抱する人もいます。とにかく、その場にいる人が帰宅することもせず、自分のできる事をできる限りやっていると感じた瞬間でした。

徐々に被害状況がわかってきて、テレビでは押し寄せる津波が映しだされている。地獄絵図そのものだったと思います。19時前になって、やっとネットワークが通じた。基幹ネットワークは生きていたのだが、事務系のパソコンやハブは自家発負荷になっていなかったため、ネットワーク室から、直接LANケーブルを張って開通し、そこからはひたすら情報発信、、、

<バックグラウンド>
まだ、この時点で家族についての消息は不明。夜になってXからメールが来た。その頃は、私も家族もソフトバング同士だったのと、キャリアのトラフィックが少なかったのが功を奏したようである。近くの小学校の体育館に避難しているとのこと。自宅の隣近所と一緒で、自宅から持ち寄った食料でなんとか凌いでいるとのこと。とりあえず、家族全員の無事、また実家とも連絡がついて両親の無事が確認でき、バックグラウンドは確保した。
一方、石巻方面に出張しても連絡がつかない同僚がいたり、家族の安否を確認できなくても悶々と仕事をしている人がいるため、自分だけ喜んでいるわけにはいかなかった。

<震災の夜>
自分はやることが多すぎて寝ているヒマはありませんでした。同じ職場の女性スタッフは、全員会社に宿泊しました。特にベットや布団など用意していませんので、寝袋で床に寝ています。一人暮らしだと、自宅に戻っても停電しているし、物騒になっている可能性もあるため、職場にいたほうが安全だろうという配慮です。
一方で、同僚は夜中の間、燃料を買い求めたり、石巻市までの道を探したりと、必死でした。自分はテレビに映し出される気仙沼の町中の火災を見ながら、この街は大丈夫なのだろうかと不安になっていました。

(その2に続く)

2012年3月 9日 (金)

「太陽嵐」と、「サテライト」

今週は太陽活動が活発のようですね。

120309nict

7日にはデリンジャー現象で、HFが全然QSOできなかったようですね。私も、ブログで気がついて、昨日、HFを聞いてみましたが、CONDXは回復していないようです。
また、昨晩には、ニュースで太陽嵐が発生していると報道されていました。

ご存知のとおり、太陽活動は11年周期に活発になり、昨年くらいからサンスポットが上がってきてHBのCONDXが良くなって来ましたが、同時に太陽嵐に伴う、フレアやデリンジャー現象が発生して、時として最悪になることもあります。

サテライトに対しては、太陽フレアによって、太陽電池パネルに不純物(コンタミ)が付着して発生電力が低下したり、中継器(トラポン)等が静電気でオフになったり、地磁気の変動によって地磁気センサーが誤動作したりと、良からぬ現象が発生します。
1994年2月、リレハンメルオリンピックのラージヒルジャンプ放送中に放送衛星(BS)のトラポンが停止したのが有名で、これも太陽フレアの影響と言われています。

VO-52は2月28日から停止していますが、どうやらテレメトリ(137MHz)は生きているようで、中継器に問題はないようで、まもなく中継器ONになるのではと言われています。
後追いですが、少なからず、今回の太陽嵐が影響しているのかなと、個人的には思っています。

2012年3月 7日 (水)

開局から35年、ただし中抜けあり

今日3月7日は、JH7UJIが初めて免許を受けた記念日です。
最初の免許が1977年ですので35年になります。

本来であれば、再免許の時期ですが、免許状を失効していた時期がありますので、再免許ではありませんし、JARLから永年会員で表彰されることもありません(笑)。

たぶん開局から31年間よりも、再開局してからの4年間弱の方が、トータルQSOは多いと思いますし、アクティブです。Hi..

2012年3月 4日 (日)

今週はラヂオ全休

RPTさんやASQさんの移動運用が気になったのですが、今週末はラヂオ全休でした。

先週10県に遠征した時に購入した同軸コネクタのハンダ付けをしたくらい。
120304coax

モービル基台用です。同軸は、数年前のハムの集いで購入した、テフロン同軸(RG-188A/U)という代物で、専用コネクタを買うと高いので、1.5D先バラ用M型コネクタに取り付けて見ました。

あとは、カーナビ(AVIC-T99)の地図のアップデート。これは予想外に時間がかかり、半日かかってしまいました。アップデートしている間、家の中の整理、震災で崩れていた書類で整理してないものがあった。(^_^;)バキッ。

外にやりたい事もあったのですが、時間切れで出来ずじまいでした。

2012年3月 3日 (土)

遅ればせながら、映画「麒麟の翼」

そろそろ上映終了だと思いますが、「麒麟の翼~劇場版・新参者~」を観てきました。
麒麟の翼 ~劇場版・新参者~

今日は午後からスポーツジムでコテコテになるまで絞ったから映画館に行ったので、面白くなかったら寝てればいいやと思っていたのですが、さすが、東野圭吾さんの原作だけあって、最初から最後まで、じっくり鑑賞することができましたし、いろんな事を考えさせられる映画でした。オススメです。

映画の舞台、日本橋は、一昔前、巨人が優勝パレードを見に行ってから用事もないのですが、麒麟の翼を見に行きたくなりました。

月間QSO数(2012年2月)

2012年2月の月間QSOです。(もう既に3日ですが、忙しくてまとめられませんでした)

120303act1202

120303act_graph

月間QSOは561qでした。

1月とほぼ同じです。年間10Kqに向けて、月間で+300qくらい増やしたいところですが、2月は週末になると雪が降るので、なかなか盛り上がりません。
既に3月に入っていますが、今月は震災1年ですし年度末にはイベントもありますので、ラヂオはあまり期待できない状況ですが、できる範囲内でやろうと思っています。

主な運用は、
 2/4-5   仙台市内(京都コンテスト)
 2/12    仙台市内(KCJトップバンド)
 2/19    七ヶ浜町(ARRL DX CW)
 2/25-26  仙台市内(広島WAS)

2012年3月 2日 (金)

久々の戦利品!

10県に日帰りで行ってきました。小一時間でアキバを巡ってきました。
120302senri

microSDHCはカーナビの地図更新用、コネクタ・同軸ケーブル類は富士無線、千石電子、秋月電子で購入してきました。まあ、持っていて損はないでしょう程度です。

モバイルブースターは、Android携帯用に買って来ました。電話・Webなら1日程度なら問題ないのですが、最近はU2APRSを使っていますので、スタンバイ用に購入しました。
今日のU2APRSは行きの新幹線がACコンセント付きでしたので、自宅到着までなんとか1日間持ちました。
120302u2aprs

U2APRSで移動していてわかったのですが、東北新幹線は仙台~宇都宮間は約270km/h、宇都宮~大宮間は約230km/h、大宮~東京間は約100km/hで走行しているんですね。行きも帰りも同じでした。

仙台に戻ってきたら、また雪です。ここんこころ週末になると雪が積もるので、ショゲてしまいます。Hi..

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

menkyo

  • 免許情報楽ちん検索
    © JHøMGJ

Condx

  • kokubunji
無料ブログはココログ

小物製作のページ