フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ARISSスクールコンタクトの予定(2/11) | トップページ | みちのくVEチームによるFCC試験が開催されました »

2012年2月11日 (土)

 米国FCCアマチュア無線免許試験、2012年2月11日@仙台

ARRL/VECみちのくVEチームによる、米国FCCアマチュア無線免許試験が年2月11日に仙台市で開催されます。

米国FCCアマチュア無線免許は、海外で移動運用される方は、日本のアマチュア無線資格よりも絶対有利です。もちろん、自己啓発でも受験可能です。試験は英語ですが、事前説明は日本語ですのでご安心ください。試験内容は、アマチュア無線の実務に近いので日本のアマチュア無線試験よりも興味がもてる問題が多いです。


開催日時: 2012年2月11日(土) 13時開始

開催場所: 仙台市中央公民館 (JR仙台駅から徒歩5分くらい)

HP: ARRL/VEC Michinoku VE Team

受験に必要な条件は、

事前(必須)
 ①米国内に郵便を受け取るための住所(メーリング・アドレス)の確保
 ②FRN (FCC Registration Number)

試験当日(初めて受験の場合は、①②⑥のみ)
 ①受験料 USD 15.00 (又は\$レートを勘案して、1,200~1,300 円)。
 ②本人確認のため、「パスポート」・「米国各州の運転免許証」等の公的証明書。
 ③FCC 免許の原本とコピー1部(現在有効な FCC 免許をお持ちの場合)。
 ④CSCE(合格証明書)の原本とコピー1部(現在有効な CSCE をお持ちの場合)。
 ⑤その他、科目免除を証明する書類等の原本とコピー1部(該当者の場合)。
 ⑥筆記用具、電卓等。

座席に余裕があれば、ウォークイン(事前申し込みなしの受験)も可能です。

もし、受験の上で、わからないことや質問がある場合には、お気軽にTeam Liaison(連絡窓口)のAL5A/kuroi OMに伺ってみてください。HPから連絡できます。

今のところ、私もVEとして、FCC試験、懇親会に参加する予定です。

« ARISSスクールコンタクトの予定(2/11) | トップページ | みちのくVEチームによるFCC試験が開催されました »

FCC試験」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。VEですか。ご苦労さまです。
最初の事前準備の②が鬼門だったりしますね。
私も5年ほど前に東京で受験しました。
ノビスのコールのままです。

FOSさん、こんにちわ。
私が試験を受けての鬼門は、同じく②テクニシャンでした。
③ジェネラルは一番時間をかけてQuestion Poolに取り組んだので気楽に、④エクストラは追加の受験料はいらないからと、練習でチャレンジしたら間違って合格してしまいました(笑)。それだけ実践的な問題で、考えればわかる内容だったと思います。(相当考えましたが、、、)
みちのくVECは、3ヶ月毎に仙台で開催しておりますので、気が向きましたら、どうぞ!!

ジェネラルと同じ日にエキストラですか。それはスゴイですね。
エキストラの問題は、運用周波数だけは無制限化するので覚えやすいですが、ボーダーラインも上がり、クエスチョンプールの数も試験問題数も増えて、とても同じ日には受からず、地道に1回ずつ受けて合計3回受けました。
モールスの問題が実務的で良かったですよね。もう無いのでしたっけ。
エキストラの資格を持ち、海外の仕事でパキスタンやバングラディッシュに行く際に是非運用しようと考えていましたが、FCCの資格を取ってから私の仕事は国内限定になってしまいました。(笑)

FOSさん、再びTNXです。反応が悪くてすいません。昨晩飲み過ぎました。(爆)
1アマが欧文60文字/分の頃、エクストラは20WPM(100文字/分)だったと思うので、当時は敷居が高いと感じていました。今となっては、できればCWの試験も受けてみたかったと思っています。
一度は海外で移動運用してみたい(できればKWで、、、)と思っていますが、一人で行くわけにいかなし、家族を連れていけば運用は難しそうだし、という感じですね。海外に出張があればいいのですが、地方にいたのでは海外出張は皆無です。Hi..

引き続きこの話題でスミマセン。
100文字/分のモールスの試験は、年2回ですが国内に有りますよ。(笑)
FCCのモールスの試験は、確かフルコピーか若しくは質問に答える形式でした。
コールサインは何だった?QTHは?名前は?など、実際のQSOを聞いて答える問題でした。
東京勤務になれば、UJIさんは「調査」と称して仕事で海外に行けるかもしれませんね。またお会いできれば直接この話の続きをしたいものです。

横やり失礼します。
モールスの採点は試験官泣かせ(solid copy)なのでやりません。笑
って、私も経験ありませんが・・・
私の受験のときは5wpmですが、試験はありました。
solid copyの方で合格でした。というか、それが最初の採点でした。
そこでNGの場合、筆記試験という順序だったのかもしれません。

FOSさん、こんにちわ。
国内での試験は125文字/分の時期に4回も受験しました。国内試験は、フルコピーなので、相当苦労しました。Hi..そんな事もあって、FCCのCW試験には、興味があります。
海外運用については、CMでは難しそうですね。いけたとしても短期間のWくらいしか考えられないので、定年までは、国内移動運用を楽しみたいと思います。

LRAさん、話題を盛り上げていただきありがとうございます。
FCCのCW試験は、SOLID COPYと、質問形式があって、選択か、SOLID COPYがNGだった場合という事で、ますます受験したくなってきました。
ただ、復活したら、VEによるFCC試験では、相当混乱するでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538016/53808998

この記事へのトラックバック一覧です:  米国FCCアマチュア無線免許試験、2012年2月11日@仙台:

« ARISSスクールコンタクトの予定(2/11) | トップページ | みちのくVEチームによるFCC試験が開催されました »

menkyo

  • 免許情報楽ちん検索
    © JHøMGJ

Condx

  • kokubunji
無料ブログはココログ

小物製作のページ