フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« CQ誌 2011年9月号 | トップページ | KCJコンテスト(運用編) »

2011年8月22日 (月)

KCJコンテスト(準備編)

KCJコンテストから帰ってきました。

というか、コンテスト中に体調を崩してしまい、終了前に撤収して、帰ってきて寝込んでしまいました。まだ、微熱はあるのですが、なんとか復帰です。

計画では、夜は42mのLW+ATU(1.9~7MHz)、日中はギボシダイポール(3.5~28MHz)に張り替えて運用する予定です。

よくQSOいただく、KWRさんやRGFさんは、40mのLW+ATU+QRPで、大変強力に入感していましたので参考にさせていただきました。また、1.9MHzDPアンテナを持っていなかったので、転用できるように、余長をみて0.75SQのビニール線42m×2を用意しました。
いかんせん、現場調整で動かないと嫌なので、近くの田圃で土曜の午前中、アンテナの動作試験をしました。
110820

1108202
10m釣竿からビニール線42mを5m釣竿で受けようと思いましたが、釣竿が折れ曲がって持ちそうも無いのと、ビニール線の真ん中が垂れ下がって、地面すれすれになってしまうため、間に、さらに5mの釣竿を追加して完成。
アースはカウンターポイズで、アンテナと反対側に同じもう一本のビニール線をアンテナとは反対側に42m張りました。

さすが42m長だけあって、ATUの整合は、1.9MHzは瞬時、それ以外のバンドも問題なく整合を取ることができます。試しに、カウンターポイズを外しても、車の車体をアースとしているので、整合を取ることができることを確認しました。
ATUを外して、アンテナアナライザで測定してみると、ビニール線に余長をもたせたこともあって、1.87MHzでSWR:2.2位でした。

というわけで、LW+ATUの準備は完了しました。(実は、これが甘かった~)

« CQ誌 2011年9月号 | トップページ | KCJコンテスト(運用編) »

コンテスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538016/52539543

この記事へのトラックバック一覧です: KCJコンテスト(準備編):

« CQ誌 2011年9月号 | トップページ | KCJコンテスト(運用編) »

menkyo

  • 免許情報楽ちん検索
    © JHøMGJ

Condx

  • kokubunji
無料ブログはココログ

小物製作のページ