フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 今日は午後から移動運用@東松島市 | トップページ | ARISSスクールコンタクト@旭学舎 (音あり) »

2010年6月22日 (火)

CQ誌7月号の感想

100621cq7_2

CQ誌7月号を購入しました。

◎ATU特集
今月はATUの特集ですね。私もCG-3000のOEM製品を持っていますが、たぶん昨年9月のオール秋田コンテスト以来使っていないと思います。(自作整合装置を作って持っていったけど、うまく動作しなかった~orz。) 今は、ATUがなくとも、釣竿アンテナ+自作整合装置で1.9~28MHzまで問題なくオンエアできていますので、ATUを使う機会が少なくなってしまいました。
今度、機会があったら、ATUと自作整合器で、どの程度違うか比べてみたいですね。

◎ハムの日曜ハンドメイド
このグランドブレーン飛びそうですね。アンテナのエレメントをフルサイズにして、インピーダンス変換器だけいれている簡単な構造ですね。18MHzだと4m釣竿で十分いけそうです。自在に操れるアルミ線でも便利そうですね。いつものパターンでギボシでも応用可能でしょう。インピーダンス整合器については、私は大雑把なので、22Ω点とスルーの50Ω点があれいば、11~100ΩまでSWR<2に収まりそうなのでOKです。Hi..

◎別冊付録「これからはじめるRTTY」
私もたまに、RTTYでオンエアしていて、とりあえずRTTYでQSOしていますが、、実は、あんまりMMTTYの使い方がわかっていません。今回の特集を呼んで、MMTTYの使い方を、しっかりマスターしようと思います。

CQ誌の後半の方を読んでいてビックリしたことが、、、それは内緒です。

« 今日は午後から移動運用@東松島市 | トップページ | ARISSスクールコンタクト@旭学舎 (音あり) »

アマチュア無線全般」カテゴリの記事

コメント

UJIさん御無沙汰しております。
2エリアに移ってからはなかなか無線する時間が確保できずで…。

別冊、私も見ました。
ひとつ感想としては、
ぜひ、移動RTTY屋さんも掲載してほしかったことかな…です。
あの手この手で移動先でトライされるRTTY屋さんは
いろんなノウハウをお持ちですよね!

意外とこの教科書に載らないノウハウも需要があるかもしれませんね(^^;;;

EHGさん、こんにちわ!

私は、今年の冬~春にかけて、CONDXが悪い時に、見よう見まねでRTTYにチャレンジしてしましたので、本質は全然わかっていませんし、この別冊、非常に参考になります。
確かに、RTTY移動運用にも触れてもらえれば、さらに参考になったかもしれませんね。
来月号の別冊では、衛星通信の移動運用についても触れてくれるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538016/48689928

この記事へのトラックバック一覧です: CQ誌7月号の感想:

« 今日は午後から移動運用@東松島市 | トップページ | ARISSスクールコンタクト@旭学舎 (音あり) »

menkyo

  • 免許情報楽ちん検索
    © JHøMGJ

Condx

  • kokubunji
無料ブログはココログ

小物製作のページ