フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« FO-29は生きている! | トップページ | FO-29 生存確認!! »

2009年8月27日 (木)

FO-29復活の試験スケジュール

毎日、同じところからのリンクですが、FO-29の試験スケジュールが公表されました。
AO-51も食による電力不足がありましたが、その時には、送信出力を減力して対応していたようですが、FO-29はビーコン0.1W、トラポン1W固定なのでしょうかね。
いずれにしましても、私は衛星初心者で経験したことがない運用が始まろうとしています。
1回トラポンをONすれば、どれくらい持つのでしょうかね?来年1月の全日照になれば解消なのでしょうか??

当然のことですが、トラポン立ち上げ時のコマンド作業中は、ビーコンが安定して聞こえるまで、おとなしく待っているのが常識でしょうね。

■リンク
 FO-29管制局からのお知らせ
 試験運用 (以下、記事の転送です)

月曜までの試験運用計画

【8月】               ↓補足です
28日 12:03UTC   (28日 21:03JST)
28日 22:10UTC   (29日 07:10JST)
29日 21:15UTC   (30日 06:15JST)
30日 22:05UTC   (31日 07:05JST)

運用開始時刻はUTCで表示していますので日本時間に換算する場合は9時間プラスしてください。回線の状態により中継機をONにできない可能性も有ります事をご了解下さい。

【お願い】
 AOSの方位によってはビルなどの影響によ送信機を予定の時刻にONにできないことがあります。また、中継機を使用される局は、衛星のCWテレメトリを確認してからアップリンクを行うようお願い致します。FO-29はコマンド専用の受信機は搭載しておらず通信用の受信機を兼用しています。コマンド作業中に多くの局がアップリンクしますと中継機をONにするのに時間がかかることがありますので、ご協力をお願い致します。

« FO-29は生きている! | トップページ | FO-29 生存確認!! »

サテライト運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FO-29は生きている! | トップページ | FO-29 生存確認!! »

menkyo

  • 免許情報楽ちん検索
    © JHøMGJ

Condx

  • kokubunji
無料ブログはココログ

小物製作のページ