フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の7件の記事

2008年11月30日 (日)

WW CWコンテストですね

久々にWWCWにお気軽参戦しました。コンテストは明日の朝9時までですが、明日は仕事だし、私的に終了です。

たぶんDXコンテストなんて、学生時代以来だと思うので20数年ぶりでしょうか?先月のWW PHONEも、ちょっとやってみたのですが、呼んでも全然反応なしで、相手がCQを連続して出しているので、全然やる気がでませんでしたが、CWコンテストだと、パイルでもない限り、何回か呼べば反応があります。

コンテストとは言っても、CQ出すわけではないので、メモリキーヤーに自分のコールサインと、コンテストナンバー「59925」だけを入れておけば、相手のコールサインが取れれば、なんとかQSOできます。ただ、昔はどんなに早くとも1回聞けば、だいたいコールサインを取ることができたのですが、現在のレベルでは短いコールサインならまだしも、1回目で紙に書いて、2回目で確認して呼ぶ、QRMやQSBだと3~4回確認するので効率が悪くなりました。それでも、早すぎて取れなかったということはなかったので、まだまたなんとかなります。

ところで、コンテストで気になったのは、エレキーで速度が変わる局が結構いますね。たとえば、TESTと599は早くて、コールサインとZONEナンバーはゆっくり送ってくるんですね。私はOIKey-F88とUSBIF4CWしか持っていませんので、そんな機能はなかったと思います。特別なエレキーかソフトウエアなのでしょうかね。国内コンテストでも使えそうなので、欲しくなってしまいました。

2008年11月23日 (日)

オール九州コンテスト

Img_20

これからお気軽参戦です。

7MHz CWでオンエアします

Img01_7

朝起きたら、東の方が明るかったのと、天気予報がこれから晴れるといっていましたので、出発することにしました。確かに、道路上の温度計が5℃だったので、寒かったですよね。

9時半頃から運用し始めて呼びにまわるだけで、6エリアが弱くなってきて飽和してきたなと思っていたら、頭の上で「バキッ、ドーン」という音、送信中のSWRが∞になったので、送信を中止し、あわてて外に出てみると、モービル架台が折れて、アンテナが車の上に横たわっていました。よって、そこで終了となりました。
結果は、呼びにまわっただけで、コンテストは19局+記念局2局QSOという、本当にお気軽運用になってしまいました。

モービル架台が割れたのには理由があって、知らないで同軸が3.5D用だったのですが、手持ちの同軸ケーブルが5Dだったので、グラインダーで無理やり広げていたからでしょうね。
お昼頃には片付けも終わって、帰りにローカルのハムショップによって、新しいモービル架台を買ってきました。

2008年11月22日 (土)

QSLカードができました

Img_21

午後から外出しようと思ったら、注文していたQSLが配送されてきました。おなじみのオノウエ印刷で、1000枚作りました。

とりあえず、コンテスト以外でQSOした局にはQSLを送付しようと思います。
コンテストのQSO局は、送ってくれた人には100%返信っていうことでいいのでしょうかね。全市全郡Cだけで380局ですからね。いろいろ合わせると500局分くらいたまっています。
これからHamlogとにらめっこしながら、QSL作成にチャンレンジです。

調子にのってもう一品

Img_22 Img01_8

コメントもいただき、調子にのったついでに自作(キット)のエレキーを、もう一品。

これは、今年のハムフェアでA1 CLUBさんが販売していたもので、元の設計はOIKeyと同じ日高さんで、それを小型チップ化にしたようです。最初は購入をためらったのですが、ダメもとで買ってしまいました。製作記事は、別冊CQにも載っていましたよね。

こっちの製作は本当に疲れました。ピンセットで挟んだチップが飛んでいって、そこらじゅう探し回ったり、拡大鏡とにらめっこしながら半田づけしてもつかないし、パターンは剥がれるし、完成したら動かないし、、、一度は「やっぱりしょうがない!」とあきらめたのですが、数日にわたるチェックで何とか動くようになりました。

オリジナルだと電池外付け、速度調整用VRをケースの中に組み込むことになっているだったのですが、せっかく電池ケースに組み込んだので、単4電池2本分のスペースは確保して、速度調整用VRはDIP-SWに置き換えてしまいました。DIP-SWは、全部ONだと25WPM(標準)にして、DIP-SWにパラに接続した抵抗で速度を可変できるようにしています。あまりスピードにこだわらないなら実用レベルです。

メモリーが2chあって、CQと、コンテストナンバーだけなら、これで十分だと思います。胸ポケットに入る程度小さいし、モニター音も柔らかいので、普段はパドルの練習用に使っています。

2008年11月21日 (金)

OIKey-F88ケージングコンテスト

Img_23

遅ればせながら、CQ誌12月号を買ってきました。(正確には買ってきてもらいました。)

先月号では、OIKey-F88ケージングコンテストの優秀作品が出ていたけど、今月号から応募作品を紹介していますね。というわけで、応募はしませんでしたが、私の製作品を披露したくなりました。

平凡ですが、一応ケースには収まっています。特徴は押しやすいボタン(千石電商で購入)にしたのと、電池は外部電源にして、電源がなくなったとき、すぐに返られるしたくらいでしょうか?

ほんと、昔は、ベンチャーの4chメモリーキーヤーが欲しくて欲しくてたまらなかったけど、高くて買えずに1万円弱でメモリーなしキーヤーを自作したものですが、今ではCQ誌の付録ですからね。時代は本当に変わりました。

2008年11月20日 (木)

コールサインプレートが届いた

Img_24

20数年ぶりにJARL会員になりました。

そしたら今日コールサインプレートが届きました。当たり前と言えば当たり前だけど、スッカリ忘れていました。

昔は資格毎に色が違っていましたが、今は止めてしまったんでしょうね。
ちなみに前に会員だったときには、実家の玄関上に3色並べてました。まだあるかな?

2008年11月16日 (日)

携帯電話の着信音にCW

どこかのホームページで着信音にCWというのを見かけて気になってたんですよね。
今日、ちょっと時間があったので、携帯の着信音をCWにして見ました。
例えば、電話が入ってくると、[CQ TEST~]とか、ローカルから電話が入ってくると、[de JH7UJI]とか、6個ほど作って携帯に入れました。

作り方は簡単。CWのWAVファイル作成は、CW2WAVというソフトをvectorで見つけて、適当なテキストファイルををWAVファイルに変換しました。
次に、我が家はソフトバンクなので、mmf_conv2というソフトウェアで、wav→mmfファイルに変換してあげて、メールもしくはメモリカードを介して携帯に入れてあげれば出来上がりです。

まあ、そんなに電話やメールが来ることがないので、そう鳴ることはないと思います。目覚ましに和文を流して、朝から練習というのもいいかも?

トップページ | 2008年12月 »

menkyo

  • 免許情報楽ちん検索
    © JHøMGJ

Condx

  • kokubunji
無料ブログはココログ

小物製作のページ